料理教室はたくさんある

料理教室には、企業が運営するものと個人が自宅で運営するものがあります。企業が運営する教室のメリットは、料理専門家や元シェフなどの食のプロから直接レッスンを受けることができるという点です。また、通いやすい場所にあるというメリットもあります。デメリットとしては、教室によっては強引な勧誘があるという点です。

 

自宅の教室では、企業の教室と違いテーブルコーディネートなど料理以外の面でも多くのことを学べるというメリットがあります。また、月に1回というペースで通えるところが多く負担なく続けられます。デメリットはレッスン料が高めという点です。

 

企業が運営する料理教室

 

 

企業が運営する教室の中にはベターホームやABCクッキングスタジオなど、専門の料理教室の他に、食品会社が運営するものもあります。

 

たとえば、「ニップン料理教室」は日本製粉株式会社が運営するもので、パン作りやイタリアンなどを学べます。

 

「ケンちゃんのサラダ料理教室」はケンコーマヨネーズ株式会社のクッキングスクールで、同社のメニュー開発担当からサラダ料理を学ぶことができます。大手の料理専門のスクールに比べると企業の特色を生かした、オリジナルの料理を実習できます。

 

個人が運営する料理教室との違いを比較

 

個人が自宅で運営する料理教室

 

 

自宅の教室の教え方には3つのタイプがあります。

 

1つは先生がほとんどすべての料理を作って生徒は観察しながら料理のスキルを学ぶというスタイルです。毎回、お手本になる料理を試食できるというメリットがありますが、調理体験をしたい生徒にとっては物足りないスタイルです。

 

もう一つは実践中心で進めていく形です。自宅でキッチンのスペースは限られるため自ずと少人数制になります。調理体験は豊富になるので生徒の満足度も高くなります。

 

3つ目は上記の2つを組み合わせたタイプです。主に先生が作っていきますが、ポイントとなるところを生徒が調理するというものです。

 

先生のスキルも見ることができ、自分も調理体験ができるので満足度は高くなりますが、作業時間がかかるため、レッスンの時間も長くなるというデメリットがあります。

 

クックパッドやストアカで料理教室で探せる

 

クックパッドで探せる教室の先生は、経歴もジャンルも様々なので自分の好みに合った先生やレッスンを自由に選ぶことができます。

 

自宅レッスンなので、料理以外にも収納アイディアやインテリアなどについても学ぶ機会があります。

 

レッスンは入会金不要で一回完結です。ストアカで探せる教室は、単発か短期で参加でき入会金はありません。料理・グルメのカテゴリーの中から好みの教室を探せます。

 

>料理教室の体験レッスン比較はこちら<